デジタルミキサー NT110
  • レンタル料金(1日) ¥ 20,000 (税抜)
空き状況確認はこちら
小型デジタルミキサー
総合定格 供給電圧(AC) 100~240V 50/60Hz
供給電圧(DC) 12V/14.8V
消費電力 150W
外形寸法(側板・前板あり) 490(W) × 221.5(H) × 610(D)mm
外形寸法(側板・前板なし) 430(W) × 220.5(H) × 550(D)mm
使用温度範囲 -10~40℃
使用条件 連続
入出力定格 伝送周波数範囲(Fs=48kHz) 20 ~ 20.000Hz
伝送周波数範(Fs=96kHz) 20 ~ 40.000Hz
サンプリング周波数(Fs=48kHz / 96kHz) 48kHz / 96kHz
信号処理数(Fs=48kHz / 96kHz) 80ch/40chm
カスケード接続時 160ch/80ch
同期信号 同期信号入力 VIDEO (NTSC/PAL)・WORD (TTL/1Vpp)・AES3id・Dante
同期信号出力 WORD (TTL)
音声入出力 音声入力 MIC/LINE INPUT:モノラル16(XLR)
SUB INPUT:モノラル4(XLR)
AES3id INPUT:ステレオ2(XLR)
COMM INPUT:モノラル1(XLR)
音声出力 LINE OUTPUT:モノラル16(XLR)
AES3id OUTPUT:ステレオ2(XLR)
TB OUTPUT:モノラル1(XLR)
HEADPHONE OUTPUT:ステレオ1(XLR)
METER出力(8ch) 1ポート(TTL)
OPTION SLOT 2 SLOT
冗長化用 SLOT MAIN CARD (BACKUP用):1 SLOT
制御入出力 LAN PORT:1ポート(LAN)
基準レベル 音声基準入力レベル (アナログ MIC):+10~・64dBu
(アナログ LINE):+4dBu
音声基準出力レベル (アナログ LINE):+4dBu
音声基準入出力レベル (デジタル):-18dBFS / -20dBFS
HA ヘッドルーム 20~36dB
音声系統 MASTER BUS 2系統 (5.1SURROUND+STEREO)
SUMMING BUS 16系統 (モノラル換算)
AFL BUS 1系統 (5.1SURROUND+STEREO)
PFL BUS 1系統 (STEREO)
MONITOR OUT 4系統 (5.1SURROUND/STEREO×1、STEREO×3)
HEADPHONE OUT 1系統 (STEREO)
セット内容 ・ミキサー本体(DSP入)
・ACケーブル×1
・AESカード×1
・MADIカード×1
・DANTEカード×1
・PC
・LANケーブル×1
  • サラウンド機能が実装されており、中継現場でのサラウンド制作が可能
  • 標準入出力は、アナログ16入出力(MONO)、AES3id 2入出力(STEREO)と補助入力2(STEREO)を装備
  • サンプリング周波数は48kHz/96kHzに対応
  • 電源二重化仕様で放送等高い信頼性が必要な場面での運用に最適

page top